英語の力を身につけるには

勉強

幼い頃から英語に親しもう

子どもたちに習わせたい習い事の上位にくる英会話ですが、その流れにより英語塾も増えてきました。これからのグローバル社会の中で生き残っていくためには英語力は必須となり、英語が話せるのは当たり前の時代がくるでしょう。小学校では英語科の授業が本格的に導入されるようになりますし、できれば中学生になるまでに英語塾で学んでおくことをおすすめします。幼児期または学童期に英語に触れておくと、中学生で英語学習が始まっても抵抗なく授業に参加することができます。英会話の基本はリスニングですから、幼い頃から耳が慣れているとネイティブの発音も聞き取ることができるようになるのです。そうすれば中学生になってさらに英語の力が身につくはずです。

幼児期からのメリット

英語塾では年齢や段階の応じたレッスンを行いますが、幼児期はとにかく英語に親しむ活動をしていきます。ゲームを取り入れながら外国人と英語を使ったゲームや遊びを通して英語力を身につけていくのです。学童期になれば日常的な英会話を取り入れながら英語に親しんでいきます。日本では英語は高校、大学へ進学する際の受験で必要教科となっていますが、幼児期または学童期から英語塾で英語を学んだ子どもは英語の力が身につくのが早いようです。ですから中学生や高校生で英語の成績がよい生徒は、英語塾に通った経験がある人が多く、英会話ができるようになること以前に英語の試験にも対応できる生徒を育てることができる点でも早い時期の英語学習が必要なのです。

Copyright© 2017 英語専門塾に通うならカリキュラム内容をしっかり確認 All Rights Reserved.